指輪があればいいってもんじゃない!何か特別なプラスアルファを

やはりサプライズも重要

日本の男性はシャイな傾向と言われるため、サプライズを考えたり実行するのは少し苦手な人がいると言われます。しかし、ロマンチストが多い女性は、プロポーズの際に一生忘れられないような演出をしてくれることを望んでいる人が大半だといわれます。そのため、自宅でさりげなくプロポーズしてササッと指輪も渡して済ますというのは、いくらシャイなかたでもあまりやってはならないことです。プロポーズは女性の人生のハイライトだという事を理解し、彼女が絶対に感動し泣いてしまうようなサプライズ演出のもとでプロポーズして指輪を渡すことが重要です。どんなことが最大のサプライズになるかはそれぞれのケースで異なりますが、「そのサプライズ実行のために男性側がどれほどの努力をしたか」ということがすぐにわかるようなサプライズは、一番誠意が伝わるので一番おすすめです。

彼女に明確な愛好ブランドがある場合

婚約指輪としてもらって女性側がうれしいものは人それぞれだといわれますが、渡す女性の好きなジュエリーブランドの商品をもらうのは間違えなく喜んでもらえます。ただし、好きなブランドがわかっているのに指輪を渡すだけではありきたりとも言えます。そして、その彼女が好きなブランドが高級ブランドでなかなかいくつも商品を買えないブランドの場合は、誠意の見せ時ともいえます。具体的に言いますと、あらかじめ本当に頑張って節約生活をして貯金する姿を見せた上で、誠意を形にするという意味で指輪以外のジュエリーも結納品的に併せて贈るのがおすすめです。合計金額が高ければいいものではありませんが、苦労して節約して貯金をコツコツし、こんなに総額が高いものを買ってくれたという事実により、どれだけ彼女のことを大事に想っているかがよく伝わるはずです。

人生での大きなアイテムである結婚指輪を銀座で購入するということは、それ自体がひとつのステータスになります。